Sector
160 results found
詳細を見る
オーガニック・ワイナリー Viña Olabarri S.A. スペイン
Viña Olabarri は、1958年からHaro(La・Rioja州)に長期滞在していたPablo Olabarri Bikandi氏によって設立されました。彼はワインへの情熱から、Anguciana村の近くにある19世紀に建てられた古いワイナリーを手に入れました。現在、レゼルバとグラン・レゼルバのワインは、理想的な自然の湿度と温度条件の下で熟成させています。 Olabarri氏は、製造するワインを作るために、より広範囲で近代的な設備を必要としていたため、1989年にHaroの郊外に、4,000個の樽と最大80万本のボトルを収容できる新しいワイナリーを建設しました。創設から約40年、 会社の規模が大きいため、生産には細心の注意を払い、ワイナリーの近くのブドウ畑を選ぶことができます。そして、Viña Olabarri は高品質のワインを生み出し、レゼルバやグラン・レゼルバなどのワインが高く評価されています。リオハ・アルタのワインの本質を理解し、愛情と忍耐を持って取り組んでいることが評価されています。
Spain - Haro, La Rioja
詳細を見る
食べられるコーヒーカップ Cupffee Ltd. ブルガリア
より良い世界への夢に駆り立てられて、使い捨てカップの持続可能性を再定義するであろう、新しい、生物分解可能、美味しく食べられるクッキーカップ”Cupffee”を作り出しました。
Bulgaria - Plovdiv
詳細を見る
クラフトビアーブリューワリー MBH Breweries Oy フィンランド
2016年に設立されたMBH Breweriesは、フィンランドでの最高品質のクラフトドリンクを製造販売する企業で、伝統的マイクロブルワリーMalmgård BreweryとSaimaa Brewing Companyがその傘下にあります。Saimaa Brewing Companyは、サイマー湖というフィンランドで最大、ヨーロッパでも4番目の大きさの湖のほとりにあり、活発に発展を遂げているクラフトビールブリューワリーで、ソーラーエナジーを活用し、愚直かつ大胆な手法で世界でも最も原始的な味覚体験を提供しています。フィンランドでは、老舗クラフトビールメーカーのひとつで、私たちのルーツは1995年にさかのぼります。懐かしさ、夢を見る勇気、そしてより持続可能な明日への道を示す大胆さ、これらが私たちのすべてです。私達にとっては、単なる仕事ではなく、人生そのものです。
Finland - Mikkeli
詳細を見る
A.A. Aroma Fisis はちみつ生産 キプロス共和国
私達は、NATURE'S AROMAは2015年に養蜂場を開設し、キプロスのリマソールのアギオス・アタナシオスに拠点を置いて、キプロス産の自然なミツバチ製品を生産しています。
Cyprus - Limassol
詳細を見る
オーガニック・ハーブティー Plukt SIA ラトビア
PLŪKTは、Līga LieplapaとMāra Lieplapa-母と娘-によって2017年に設立された家族経営の女性主導のブランドです。Līgaは環境科学の分野で20年以上の経験を持ち、ティーマスターでもあります。茶文化に関する豊富な知識とノウハウは、独自性があり、科学的な製品の核となっています。
Latvia - Prauliena
詳細を見る
オーガニック ジェラート・ソルベ G7 S.r.l イタリア
G7の歴史は、イタリア北部のボローニャ近郊で我々の祖父グリエルモが小さなジェラート研究所を開設したことから始まりました。G7には、イタリアのジェラート作りの伝統から受け継がれた我々のレシピには、込められた愛情、出来上がるまでのストーリーがあります。私たちの世代から世代へと受け継がれてきたジェラート作りのノウハウは、今日では、他社ブランドとの差別化の鍵となっています。我々はもう一つの商品ブランドであるSiviero MariaとG7をグローバルに販売展開をしています。G7は現在も家族経営を継続していますが、各種の認証(EUオーガニック認証, IFS国際食品認証, KOSHER認証, HALAL認証 など)を取得しており、新たなイノベーションは常に柔軟な姿勢で受け入れ、職人が受け継いできた隠された伝統技術とうまく融合させた商品づくりを続けています。私たちの生産ラインでは、職人が作りあげていた要素の価値を再現していて、パッケージへの充填のほとんどを手作業でおこない、装飾しています。
Italy - Bentivoglio, Bologna
詳細を見る
養蜂、ハチミツ製品メーカー Beesweet – More Than Honey, Lda ポルトガル
「ミツバチとハチミツへの情熱に、イノベーションが家族が受け継いできた物から生まれました...。」
Portugal - Oliveira de Azeméis
詳細を見る
ワイナリー Orbelus Organic Winery ブルガリア
Orbelus は、ブルガリアで初めてオーガニック認証を受けたワイナリーです。
私たちは、両親、友人、そしてそこで育った子供たちも皆、ブドウ畑からボトルに至るまで、オルベラスのワイン作りを支えています。 Orbelus のブドウ畑は、ブルガリアでも最も南に位置するストルマ川の東岸にあります。
粘土質や砂質の土壌に加え、気候の特徴が、私たちのワインに豊かな南の味をもたらす主な要因となっています。
私たちのワインの中には、国際的なビオ・ワインコンテストで金賞や銀賞を受賞したものもあります。
Bulgaria - Kromidovo
詳細を見る
ワイナリー Domaine L&R Kox ルクセンブルク
Kox家の先祖の痕跡は、1680年にBergeijkからオランダ人のCoexが移住してきた時に遡ります。その後、家族の名前はCoexからCoxに変わり、最終的にKoxになりました。歴史的な記録では、1848年にコックス家がブドウ畑の所有者として登録されています。1908年、現在のオーナーの祖父であるJoseph Kox-Tabouring氏は、Groussebongertと呼ばれる場所に317番の区画を購入しました。1909年、彼はKox estate(ワイナリーと厩舎)を建設しました。1964年、現在のオーナーの父親であるFrancios Kox-Rischがドメーヌを購入しました。現在のオーナーの父であるFrançois Kox-Rischは、1964年にドメーヌを購入し、家族の中で初めてワイン造りを職業としました。1977年には、Françoisの息子であるLaurent Koxがワイナリーを引き継ぎました。
Koxワイナリーが初めてクレマン・ド・ルクセンブルグを生産したのは1991年のことでした。それ以来、Laurent Koxは高品質のスパークリングワインを専門としています。2014年7月、Corinne Koxの娘が、東ヨーロッパ・ジョージアで生産されたアンフォラ型の粘土容器(クヴェヴリス)を2つ設置し、ルクセンブルクで作られた初のオレンジワインを醸造しました。
Luxembourg - Remich
詳細を見る
乾燥パスタメーカー Josef Recheis Eierteigwarenfabrik und Walzmühle GmbH オーストリア
Recheisは有能、信頼できるパートナーです。
Austria - Hall in Tirol